2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 帰路 | トップページ | 帰国 »

2011年4月23日 (土)

機内

機内の右隣二席は離陸直前まで空席で、駆け込んできたのは、まるきりすっぴんの母親と、大学生ぐらいのみやげ物を一杯かかえた娘。
母親はすぐにはだしになって、畳おもての草履サンダルにはきかえ、離陸してほどなく、サンドイッチとフルーツサラダを取り出し、むしゃむしゃと平らげ、そのあと歯ブラシでごしごしやったあと、水でうがいをしてゴクリ、さらには乳液と化粧水とで、五十回ぐらいずつマッサージ、アイマスクをつけ、毛布にくるまって寝てしまった。
その一部始終を白い目でずっと眺めていた。
ともかく話をしないですんで何よりの相手みたい。
仮眠もいれながら、すでに封切りされている話題の映画ばかりを、三本見る。

ところがソウルに着いて、乗務員交代のため一時間の停止中、お隣さんがわたしのと、まったく同じケイタイをとりだすのが見えると、思わず話しかけてしまった。
それ、もしかしてドコモですか?
ええ、そうです、の返事に、ロンドンでの回線の悪さを話した。
あたしたち、スペインに行ってたんでだけど、使い方わからなくて往生しました。
行く前にこれだけ聞いてきたんだけどね…レポート用紙一枚ぎっしり、自筆で、かけ方のすべてを書いてあるらしい。
わたしはにわかに親近感をおぼえ、ロンドンのタクシー料金のことも話した。
そうですよ、あたしなんて一万円近くとられたわ、ひとが一人ふえたり、荷物が一つふえたりしても料金あがるのよ。
わたしはなんだかうれしくなって、さらに手荷物検査のことも話した。
あたしのときなんかね、フォトナム&メイソン本店のハチミツ十個やられたのよ、十個よ、友達のみやげにと思ったのにね、預けるスーツケースがハチミツだらけになったらどうしようって思って入れなったのよ。
彼女に抱きつきたくなるのをこらえた。
このひとはロンドンで二年も留学経験があるのだという。
それなのに、である。
人を見かけで判断してはならない。
思い込みの強さを深く反省しながら、成田まで、話は尽きず、あっという間の二時間が過ぎたのだった。

« 帰路 | トップページ | 帰国 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさいませ♪ (ホントはとっくに帰国はされているのですけどね)

ツアーレポを拝見しながら、一緒にワクワクしたりドキドキしたり楽しんでおりました。
波乱万丈という表現は適切ではないかもしれませんが、かなり刺激の強い旅でしたね(笑)

なにはともあれ、お疲れ様でした。
そして、新たなエネルギーも充填されたことでしょうから、いっそうのご活躍も期待しております!

ともぞ~さん
拙文お読みいただいていたのですね。感激です。
そうなんです。刺激もいっぱい、思いがけない出会いも多く、この先、何が起きても、やっていけそうな
勇気もわいてきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/51473909

この記事へのトラックバック一覧です: 機内:

« 帰路 | トップページ | 帰国 »