2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 『高峰秀子の流儀』を読む | トップページ | 『外交官 黒田康作』 »

2011年2月16日 (水)

こだわりの筆記用具

若いころは手紙を書くのが好きで、得意でもあった。
パソコンでメールをするようになり、更には、ケイタイのメールまで始めたので、迅速な手段に頼るほうが多くなって、手書きが億劫になってきている。
そのくせ、手紙をもらうのは好きなのである。
筆記用具も選ぶほうで、二十年まえは当時一万円を出してモンブランの万年筆を買ったものだ。
でも一番安いモンブランだったので、インクを貯める部分がだめになり、もう廃物同然。
いまはもっぱら、一番書きやすく、字もきれいに見える、三菱鉛筆のボールペン、ジェットストリームを愛用。
これは海外の友人にプレゼントしても喜ばれる。
久しぶりに伊東屋に行ったので、予備に買い置くことにした。
ところがこの数年のあいだに驚くほどの新商品が出ていて、一色だけの、デザインがいいものが見当たらない。
新商品は黒、赤、更にはシャーペンも兼ね備える三種の機能でデザインも色もいいのだが、替え芯の挿入が複雑なのだ。
日本人は本当にまじめで努力家で、もっと性能のいいもの、便利なものを考案することに躍起になっているのだな、とこういうところでも感じたのであった。
右にまわしたり、左にまわしたり、三色を使い分けるのも難儀な気がするような高齢者など対象にしてはいないらしい。
ずっと気に入って使っていた一色のものは隅に追いやられていて探し当てるのに苦労した。

« 『高峰秀子の流儀』を読む | トップページ | 『外交官 黒田康作』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/50888666

この記事へのトラックバック一覧です: こだわりの筆記用具:

« 『高峰秀子の流儀』を読む | トップページ | 『外交官 黒田康作』 »