2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« イクメン観察 | トップページ | 甘くて重いプレゼント »

2011年2月 9日 (水)

幸福の木が…

十年近く元気だった「幸福の木」が枯れてしまった。
引っ越しで影響があるかと思っていたのだが、日あたりのよい戸外に出しておいたら、少なくとも半年は青々していたのだ。
それが新しい葉をとりかこむ部分が茶色くなっているのを見つけて、それをすぐさま取り除いたのだが、屋内に入れたら、茶色はあっと言う間に広がり、ああ!
この十年ずいぶん慰められた。我が家のことや、娘の家のことやなにかと悩み事があるとき、この木が元気であることで、大丈夫、何とかなる、と思えたのだ。
早速ネットで調べた。
枯れた木をなんとかできないものかと。

回答者は、温室に入れておいた木さえ枯れてしまった。
幸福の木が枯れると不幸になるかも知れないと思ってしまうが、そんなことはない、自分はもう二本も枯らしたがどうってこともなかった。
大丈夫、また新しく育てればいい、と、安心させてくれた。

こういうときの速答が、ネットはうれしい。
友達何人かに電話したとしても、幸福の木を枯らしたひとがすぐ見つかるとは限らない。

枯れてしまった木を生き返らせる手段までは書いてなかったが、ともかく悪いところを全部取り去り、短くして、水と養分を与えて、わたしはまだ未練がましく眺めている。

« イクメン観察 | トップページ | 甘くて重いプレゼント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

実はわたくしめも枯らしてしまったことがあります。その時お店の方に「何か悪いことでもあるのでしょうか・・・」と言ったところ、「大丈夫です、だとしたら悪いことをその木が持って行ってくれたのです」と言ってくれました。
なんとなく嬉しくなって帰ってきたのを思い出しました。大丈夫、大丈夫!

へこたんさま
なんと素晴らしい解釈でしょう。
そしてそれを知らせてくださったあなたに大感謝です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/50819347

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の木が…:

« イクメン観察 | トップページ | 甘くて重いプレゼント »