2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 幸福の木が… | トップページ | いま食べたいもの »

2011年2月10日 (木)

甘くて重いプレゼント

高二の孫息子から一週間後れの誕生日プレゼントをもらった。
K和菓子店の亀甲羊羹。
彼から品物をもらったのは初めてだ。
去年一年バイト、バイトに精を出していたから、自腹を切ったのだろう。
ばぁばが甘いもの好きであることを思い、賞味期限六月までのこれを選んだのかとiいう想像に胸が迫った。

生後三日で救急車に運ばれ、集中治療室に入れられたときのこけし人形のような顔、三歳のときに父親が急死し、遺体にお別れをしたときの混乱したような顔、そのあと、十二年間、週末を我が家で過ごすようになってから、見せたさまざまな表情、排泄の失敗が多くなり、母親に叱られてテーブルの下でうずくまっていたときの顔や、わけもなくいらだつようになって、「ぼくなんか死ねばいいんでしょう」などと言ってこちらを見据えた顔、アレルギー喘息で咳の発作がおさまらずに蒼白になっていたときの顔などが浮かんでは消えた。
高校生になってからは、おだやかになり、喘息も出なくなり、自分でアルバイトを探してきて、スーパーのレジをしていた。
レジのところで文句を言う客は仕方がないと思うけど、外で特売の宣伝をしている人のことを、うるさい、とか、邪魔だ、と怒鳴るのは間違っていると思う、などという意見もいうようになった。

来年は大学受験、がんばれ、と言いたいが、それよりも、お茶の時間にこの羊羹をうすく切って味わいながら、ここまで育ってくれたことを感謝するときがもてたことを大切にしたい。

« 幸福の木が… | トップページ | いま食べたいもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/50830581

この記事へのトラックバック一覧です: 甘くて重いプレゼント:

« 幸福の木が… | トップページ | いま食べたいもの »