2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 感動余話 | トップページ | 続忘れられぬ風景 »

2010年11月27日 (土)

忘れられぬ風景

なくしたCDは出てこなかった。

イタリア語の授業で話したら先生が言った。イタリア人が大勢いたんじゃない?

11月の末、この時期に見た知られざるイタリアの名跡を思い出す。

チヴィタ・デイ・ヴァーニョレッジオ。

ヴィテルボのスザンヌのところにホームステイして車で連れていってもらった。

今なお風化が進んでいる死にゆく町とも言われるところ。

天空にそびえているあいだにぜひ見たかった。

幸いにも抜けるような青空の日で、車の通れない300メートルの道を歩くのも苦にならなかった。

いまも数世帯が暮らしているという場所。ネコもいたしバールもあった。

025_200_3

033_200_2

040_200_2

043_200_2

« 感動余話 | トップページ | 続忘れられぬ風景 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 もうずいぶん前の話ですが、「死にゆく町」に行ったことがあります。ローマ時代の遺跡のある由緒深い町が崩れつつあるのは悲しいですね。歩いていたら、おばさんが「うちの裏庭から見る景色が一番だから、お入りなさい」と言われるので、入ったら、帰りにお礼を請求されたのは、ちょっとガッカリでした。

コメントありがとうございます。面白いエピソードですね。確かに、山の上から見る景色もド迫力でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/50145211

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられぬ風景:

« 感動余話 | トップページ | 続忘れられぬ風景 »