2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 聴く効果 | トップページ | 感動余話 »

2010年11月25日 (木)

ジョヴァンニ・アレヴィ ピアノソロ コンサート

001 実物は想像とちょっと違って、体格はいいのに少し猫背で、日本語で始まった挨拶もはにかみながらの笑顔、きっとやさしい人なんだな、と思った。

だがピアノからはじけ出る音はすごい。

この天才の頭の中には美しい音の組み合わせ、和音、フレーズの全てが詰まっていて、テーマにぴったりのこれ以上ない効果的なメロディを即座にかたちづくるのだろう。

中でも各種の列車が整然とスピード感を保ちながら行き交う風景が目に浮かぶような<東京駅>という曲、事故で片手を失った友に捧げるという、右手だけで演奏された曲、そして<バッハの夢>という変幻自在なバッハのヴァリエー^ションに胸をゆさぶられた。

プログラムの解説者が、ジョヴァンニがパルマの公園の野外コンサートの舞台で音ならしをしていたら、公園で遊んでいた子供たちがいつのまにか踊りだし、頭上にとびかっていた小鳥たちが輪になってさえずりだしたというエピソードを語っていたが、その情景がたやすく目に浮かんだ。

パルマのその公園のベンチでパニーニをほおばったことがある。二月の戸外なのに、そうしたかったのだ。

イタリアはそういう奇跡のような光景が生まれるところである。

« 聴く効果 | トップページ | 感動余話 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

このピアニスト、おもしろそうですね。聞いてみたかったわ。いつもTシャツで演奏するようで。今度チャンスがあったら教えて下さいな。

現代のモーツアルトととも言われています。こんどCDお聞かせしますね。日本大好きみたいなので、また来てくれるでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/50127606

この記事へのトラックバック一覧です: ジョヴァンニ・アレヴィ ピアノソロ コンサート:

« 聴く効果 | トップページ | 感動余話 »