2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« なつかしのメルカート | トップページ | なんとかなった »

2010年10月21日 (木)

ジェノヴァといえば

イタリア文化会館主催の『ジェノヴァの音楽と食を楽しむ夕べ』に出かけた。

街の紹介でやはりこの人の名が出た。

レンツオ・ピアノ、そう、我があこがれの男性である。

安藤忠雄氏との対談の番組で目が釘づけになった。わたしと同年代の、このイタリア人の知性の代表者、世界的建築家はまた、カリスマ、ダンディ、マエストロといった言葉をすべて凝縮させているような魅力を放っていたのだ。

彼のイタリア語がもっと聴いてみたくて、You Tubeで追っかけをした。

かなりジェノヴァアクセントが強いけれども、饒舌で、洒脱で、しかも英語のスピーチも立派なものである。

パネルディスカッションの場面もあって、彼にうっとりとみとれている中年の女性がかたわらにいた。

グレイヘヤーだが、胸の谷間を見せた襟あきの深いスーツを着ている。

だれだ、このひと?とばかりにまたクリック、なんとジェノヴァの女性市長であった。

その年の旅行は迷わず、リグーリア、ジェノヴァは治安が心配だったので、そこから列車で四十分ぐらいのキアヴァリに滞在。

ジェノヴァ出身の男性教師に半日ガイドをしてもらって、レンツオ氏が手がけたジェノヴァ港再開発をこの目でしっかり見届けたときの写真がこの二枚である。Img_0188_2 Img_0189_2

« なつかしのメルカート | トップページ | なんとかなった »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

関西国際空港旅客ターミナルも彼の設計で竣工した時、私もさっそく飛行機で観にいきました。
メゾン・エルメスも彼の設計です。パリのポンピドーセンターはなんと30代の設計で、斬新な設計が物議を起こしたほどで、40代の初めの頃、はじめてパリに行ったとき、興奮して観て回ったのを思い出しました。レンゾ・ピアノがお好きだったのですね。
私は彼の作品が好きでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565431/49807518

この記事へのトラックバック一覧です: ジェノヴァといえば:

« なつかしのメルカート | トップページ | なんとかなった »