2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

2022年6月26日 (日)

聖書と共に

一訪問者として教会を訪れるのと、洗礼を受けて教会員になるのとでは、天と地ほどの差があることに気づくのは、教会という組織の中にどっぷりつかってからのことである。

ましてや、75歳にもなって、ほぼ人生での越し方ができあがってしまっている状況からのおよそ十年、まだ教会員とならないときに得た常識があまりにも通用しないことに、心が打ちくだかれそうになる。

 

わたしはそれをいやというほど、経験して、大教会を去り、十分の一ぐらいの人数で、礼拝も余分なことを削ぎ落したように整った小教会に転会して、三年余が経った。

 

個人情報を避ける意味なのか、名簿もないので、会員の名前も覚えられていないうちに、このコロナ禍に見舞われた。会合は全てなくなり、礼拝後の会話なども禁止されているので、名簿がないのはともかく、会員の名前だけでも、プリントしていただきたいと、願い出てみたが叶えられなかった。

礼拝堂の入り口のそばに、飲み水を入れた魔法瓶と紙コップがおかれてあったのに、長老会はそれがコロナ菌を呼び込むことになるかも、怖い怖い、ということで、取り除かれた。でも炎天下の夏の通りを歩き、教会にたどりつくわたしのような高齢者は、水を一口飲みたいと思う。他教会状況を調べてみると、すべて、水分配慮は申し分なくととのえられていて、ペットボトルを渡されるところもあるという。

これまでなかったものを、置いてくださいというのではなく、以前そなえられていたものを、再び戻す、というわけにはいかないのだろうか?と、リクエストしてみたが、これもノーであった。

 

六月になって一年一度の総会が開かれた。礼拝の見事な整いかたとは、異なり、式次第がはっきりせず、長老選挙の段取りがよくわからなかった。今年は長老の若返りを期待するらしく、すでに三人の名が推挙されたプリントを配られていたが、そのひとが誰なのかわからない。お名前とお顔が一致しないので、お立ちいただけないのでしょうか?と私はまた余計なことを言ったらしく、牧師が緊張した顔で走り寄ってきて、そんな様式はこれまでないので、みたいなことを耳元でささやいた。会が終わって、外に出たとき、初めて会う一人の婦人が近づき、言った。「私はここに十年以上もいるのですが、まだ誰が誰だかわからないんですよ、よく、ご紹介のことを言ってくださいましたね」と。

 

次の週の日曜日、無事に選ばれた新長老三名の認証式が礼拝中にあった。会衆に背を向けた三人が宣誓の言葉を合唱し、その後ろで会衆が認証の言葉を、呼応し、新長老は振り向きもせず、牧師は改めて紹介もせず、そのままに終わった。

 

翌週の日曜の朝、わたしは早めに教会に行き、牧師にちょっとお話が、と言って許可を得た。四十歳も年上の私の言葉を、これは「諭し」の一つだと思って聞いていただきたいのだが、と前置きして、認証式のあとはやはり、新長老の紹介をしていただきたかった、と希望を述べた。牧師は不快を浮かべた表情で、「うちのやり方を変えるつもりはありません。ほかの教会はそれぞれです、うちはうちです」と応えた。

わたしは、引き下がらなかった。「旧約聖書の箴言に記されていますね。諭しをなおざりにする者は、魂を無視する者…」と。「高慢と不遜は神が一番厭われることだ」ということも。

その日の献金と、六月分の会費の袋を、祭壇の前の献金袋に入れ、わたしは荷物をまとめて、教会をあとにした。牧師夫人が追いかけてきて、引き留め役をされたが、私の心は変わらなかった。

十歳下で、わたしの教会生活を気にかけてくれている別教会の友人に報告した。彼女が暗記しているという詩編、121編を教えてくれた。なにも怖れることはない、この言葉があれば、教会はいらない、わたしはいつでもあなたの味方よ、という言葉もそえてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年6月17日 (金)

手抜き赤飯セットの一皿

時々、無性にお赤飯が食べたくなる。自分で炊くのはそれほど、苦にならない。

二十年まえから使っているシャトルシェフという二重鍋があるからだ。

小豆を使う分だけ内鍋に入れて、一度沸騰させ、ゆでこぼし、再び水を入れて沸騰させ、そのまま内鍋を外鍋に入れて20~25分くらい保温すると、小豆色に染まった汁と、程よくゆだった小豆が出来上がるので、それをもち米と普通米を、私の場合は半々にしたものに加え、電気釜のおこわというスイッチで炊くだけで、素晴らしくおいしい赤飯ができあがる。

 

赤飯だけでご馳走だから、そえもののおかずは買ったものでもいい。

きょうはカツ煮とチンジャオロースーをおかず屋さんの「ブリーズ」で買い、あと、ナスのシギ焼きだけつくって、大皿に盛った。

 

このお皿は結婚したときお仲人さんからプレゼントされた洋食セット、もう60年も割れないでもっていてアンティークになりかけている。Kimg0674

2022年6月15日 (水)

手作り握り

週に二度訪れる、移動スーパーの「とくし丸」はカタログがあるわけではなく、肉類や生鮮食品は指定して前日までに頼まなくてはならないので、メニューをあらかじめきておかなければならない手間が面倒で、週に二度ではなく、週一月曜だけ来てもらうことにしている。

その日は霜降り牛の薄切りを頼んでいたのだが、等級が少し下がるものしかないということで、一応みてください、と言われたのだが、やはり思ったような肉には思われず、それはやめて、思いのほか上質なマグロと真鯛の刺身を購入することにした。

確か、先回買った稲荷ずし用のお揚げが一組だけ残っているから、この刺身を握って、急遽お寿司にしよう、と考えたのだが、息子が食べるとなると、分量が足りない。

さて、とまたあれこれ考えて、イタリア製のサラミがあるから、農家の自家栽培の立派なしその葉もあるので、刻んでまぜ、マスタードの入った洋風のすし酢で混ぜたサラダ寿司の、洋風にぎりを付け合わせたら、分量が収まるのではないかと、思いつく。

それと人吉のすこぶるおいしい生みそのお味噌汁、刻んだお揚げに、京都の九条ネギの刻みを入れれば、出来上がり。

Kimg0672

きょう、自由が丘のいつものブティックにセールの値段になっているというブラウスジャケットを買いに出かけた。毎日の料理が疲れると愚痴をきいてもらって、ついでにおいしいオカズ売ってないかしら?と主のKさんに訊いてみたら、首をおおきくふり、おいしいものはありません、テイクアウトで満足することはほとんどなくて…というので、前の日の苦心の握りメニューのスマホ写真を見せたら、仰天されて、まあ、なんておいしそう!!、それはもう、シェフがつくるものより、何十年も手作りされている主婦の方の腕に叶う味はありませんよ、という思いがけない感想を聞いて、このところ、何を作っても疲れが先で、落胆が大きかった悩みがス~うっと消えていくのを感じながら、元気をもらったのであった。

 

2022年6月 9日 (木)

オタフクナンテン

二度目の植木仕事は梅雨入りのまえ、晴れた日の三時間足らずで、済ませてもらうことができた。

カリフォルニアジャスミンを抜いたあとどうするかは、近所のマンションのまわりを囲んでいる赤い葉の混ざった低木と同じものをと、わたしが決めた。現物を見てきた若い植木職のKさんは即座に、オタフクナンテンだ、と言い当てた。おかしな名前だと思ったが、漢字にしてみたら、お多福、だから、縁起がいいかもしれない。Photo_20220609180001

 

カリフォルニアジャスミンがなくなったあと、全貌を見せたアジサイの枝は思いのほか細くて、ジャスミンをしのぐ強さを持っているほどとは見えず、実は低木に支えられていたのだという実情をあらわにした。植物の世界にも、支え合いはあったのだ。

 

蕾が開き、二十数個が咲きそろったアジサイの上部は重そうで梅雨の大雨にも耐えられるように、Kさんは、ジャスミンの列のそろえに使われていた短い棒を組み合わせて、新たな支えをつくってくれた。

 

モッコウバラはシュートが次々伸びて、切り取るのが大変だったが、短くすっきりと刈りこまれたので、その手数がしばしなくなった。

 

その代わりに夏の終わりまで、オタフクナンテンに水やりをするという仕事が生じている。梅雨のあいだ、できるだけ雨の日が多い事を望む。Photo_20220609180301

5年ぐらいで、灌木の形はしっかりするそうなので、なんとかそれまで長生きできれば、と、いまは願っている。

2022年6月 4日 (土)

アルゲリッチを聴く

アルゲリッチ&フレンズ、イヴリー・ギトリスへのオマージュ、というコンサートのチケットを手に入れたのは、KAJIMOTOへのネット入力が遅れて、かなり間際になってからだった。

ひとつにはすみだトリフォニーホールという場所が、我が家からは遠くて不便なので、できることなら避けたかったからである。

今回はいろいろ検索して、田園都市線だと二子玉川から40分以上はかかるけれど、乗り換えなしで行けるとわかったので、徒歩距離で近い二子行きのバスで15分乗り、直通電車に乗るという思いのほか楽な行程で、錦糸町に到着した。

 

会場はアルゲリッチフアンがいかに多いかを証明するようにほぼ、満員。

アルゲリッチはYouTubeでもよく見かける、お気に入りらしい、黒白模様のスカートに胸開きのおおきな黒のトップであらわれ、機嫌もよさそうだった。彼女にとっては、おそらく孫ぐらいの年齢の日本人の若い二人にとても気を使っているのがわかった。

 

私の席は前から三番目の右端だったが、オペラグラスなしで、彼女の歩き方や、表情もよく見え、鍵盤上の指の動きさえも目にすることができた。

圧巻だったのは、最初のフランクのヴァイオリンソナタイ長調、伴奏というよりはデュオと言いたい、ピアノの聴かせどころが多い名曲、堪能した。但し、ヴァイオリニスト、音はきれいなのだが、繊細過ぎて、わたしには迫力がちょっと、と思われた。パガニーニの無伴奏のときに、とりわけ、それを感じた。

 

残念だったのは、せっかくのアルゲリッチのギトリスについてのトーク。マイクの使い方や調節を、通訳も、フレンズの一人、ピアニストも十分にしてあげないので、声がよく聞きとれなかったこと。彼女は饒舌なひとではない、と、あのアルゲリッチの映画で語られていたが、ギトリスをどんな人が語ってほしいという問いが、コンサートホールに例えたら?とか、色でいえば?とか、抽象的すぎて、彼女が考え込んでしまっていたこと、言語は英語だったが、たとえ彼女が一番使い慣れているフランス語でもいいから、通訳と二人だけで、十分語ってもらってからの、日本語通訳のほうがうれしかったのに、と思った。

 

でも”マエストラ”アルゲリッチ、上機嫌で、体調もよかったらしく、思いがけず、独奏のプレゼントがもらえた。楽譜を見ながらだったけれど、曲目の発表はされなかったが、わたしの一番好きな、リストのタランテラの中の、舞曲、だったような気がする。

ピアニストと二人の連弾のアンコールもあった。

 

終わったのは九時半近く、帰りがちょっと不安だった。田園都市線は一本で便利だが、二子の十時過ぎは乗り物がちょっと不安、渋谷乗り換えは、東横線まですごく歩かされるので、足が不安、ホールからより近い、JRにしたため、思いがけぬ問題に直面、逗子行きの急行にのりこんだら、いつまでたっても発車しない、やがてアナウンス、横須賀で事故らしきものが起きているらしい、夫にとりあえず、電話する。隣りに座っていた私よりは若そうな男性高齢者が、すぐ立ち上がったので、そのひとについていくことにした。エスカレーターを降りて、中央線の鈍行に乗り込む。でもこれだと新宿に連れていかれる、どうしようと、そばにいた若い、親切そうな顔つきの若者に、すみません、品川に行きたいんですけど、どうしたら?と言ったら、秋葉原で乗り換えればいいですよ、と即答してくれた。

秋葉原はエスカレーターもエレベーターも見当たらなかったが、階段の段数が短く、降りたら、京浜東北のホームですぐ横浜方面に乗れた。蒲田で降り、これもちょっとコワかったが、タクシーに乗る。西口に降りたら真ん前がタクシー乗り場、ずらりと並んでいて、すぐ乗れた。

やれやれ、10時半過ぎ、夫は寝ないで起きていて、秋葉原がいいよ、と電話しようと思ってたんだ、見事な判断だったよ、とほめてくれた。

 

 

2022年5月26日 (木)

英語を話す

近くの文化センターには、介護の包括センターの事務所もあるので、そこを訪ねたときに、ロビーの壁を埋めている会員募集のポスターが目について、眺めていたら、英語を話しませんか?という見出しに注目、シニア歓迎の文字が心に残り、連絡先をスマホに残した。

 

電話して詳しい内容を訊くと、七十代の女性が四人、教師役はウエールズ出身の六十代の男性という情報を得た。こちらの略歴を訊かれたので、話すと、それはレベルがあまりにも違う、がっかりなさるかも、と言われてしまったのだが、レベルは関係なく、ともかく英語を話すチャンスを探しているのだと、納得してもらって入会して、もう二か月を経ている。

ウエールズ出身の教師は独特のアクセントで早口、しかもマスク越しだから、ヒアリングが大変、ほかの四人はそれぞれとても知的な人たちだとわかってきたが、英語が専門でないため、あまり積極的にはしゃべらない。沈黙が漂うと、時間がもったいないと思ってしまうので、指名はされないのにしゃべるのは差し出がましいが、質問という形にしようと挙手し、疑問に思っていることを話すチャンスにした。

教師はとびきりの料理上手らしく、料理の話になると、しゃべりがとまらなくなるほど、ウエールズ独特のケーキなどもスマホにレシピを入れたものを見せてくれたので、先日トミーズで購入したわけである。

早速作ってみた。ドライフルーツ二袋分ぐらいに砂糖をまぶし、紅茶に浸して冷蔵庫に一晩ねかし、ベーキングパウダーとスパイス入りの粉に玉子一個分を混ぜて加え、およそ60分オーブンで焼く、というレシピ、出来上がったものはかなりカタいケーキで、日持ちはしそうだが、甘すぎて、おいし~い、という代物ではなかった。

きょうはそれを一口ずつくらいに切って持参してそれぞれの意見を訊いた。教師は砂糖をへらし、ヨーグルトなどを加えたほうがいい、という感想、それを早く言ってほしかったのに…夫が、わたしがいつも作るケーキに勝るものはない、と言ったということは、公表しなかった。

でも、食べ物を口にしたことでお互いの親密さが増したような気がする。

テキストも以前はハイスクールレベルの、アメリカ風、あくどいイラスト入りのものだったが、せっかくイギリス英語が聴けるのだから、英国製のテキストが望ましい、と希望を述べたのを覚えていてくれたのか、とても上質のテキストに変わり、レッスンは大いにレベルアップした。

このところ、いろいろな記憶がうすれがちなので、週一度二時間、緊張して学ぶのは、とても貴重な場であることを実感する。

 

 

2022年5月19日 (木)

若い植木屋さんに大感謝

ミモザの刈りこみは難しいのに、彼は見事にやってのけた。そして伸びに伸びたローレルの樹も短く刈りこみ、赤芽の生垣もさっぱりと見とれるばかりに切りそろえられ、たまりにたまっていた落ち葉も掃除してくれて、毎日目をやるたびに、うれしくなる樹々のたたずまい、となった。

近くに来ているのに、声もかけてくれない、などと、文句を言いたくなったりした、狭量の自分をつくづく反省している。

そして、このあともう一度モッコウバラを切りそろえに来てもらうことを頼んでいるのだが、その際、思い切って表の灌木、カリフォルニアジャスミンを取り去ってしまうことを相談したら、そのあとに植える候補をいくつも写真入りの情報をくれて、これも感激した。

この十年間、この灌木のツルの始末は本当に面倒で、いつか通りかかった人が私がツルを切っているのに声をかけて、これは本当に大変な植物です。うちは全部取り去りました、と言われて、驚いたことがあったのだ。

幸い、このジャスミンのあいだに植えたアジサイが、十年の年月のあいだに見事な成長を見せて、今年などは三十も蕾をつけ、もうジャスミンを超す勢いとなったので、安堵を得たのである。

このアジサイをプレゼントしてくれた同い年の友人は「グリーンサム、緑の指」の持ち主で、彼女がさわるだけで、植物が勢いをつけるというひとなのだ。

このところ毎日アジサイを眺めずにはいられない。そして彼女のことを想う。Kimg0647

全部の蕾が咲ききったら、どれほどの見応えを感じるだろう、楽しみはつきない。

2022年5月15日 (日)

スマホは何処?

英国のウエールズのフルーツケーキが簡単に作れておいしいと聞いたので、ぜひ試してみたいと、田園調布のトミーズにドライフルーツを買いに出かけた。ついでにベーキングパウダーとオールスパイスも買ったので、計五点、セルフレジなので、バーコードを登録して音が鳴るまで待って最後に現金を払うという、ややこしいことをし終えるのに神経を使い、そのあと、プレッセに立ち寄って、春巻きの皮を買う。中身は家にあるもので間に合う。あとはブロッコリーがめずらしく安かったので、それに豆腐ドレッシングをかけてたべようと木綿豆腐の小を買う。レジで私の前のひとは一万円ぐらい払っていたが、わたしは千円でお釣りが来た。こういう風におうちごはんをしているから、近頃貯金がたまっている。

夕飯の支度は三時過ぎから始めて、あらかた下準備ができたころ、スマホが鳴っているような気がした。わたしのは誰からか、名前を読み上げてベルが鳴るシステムに登録してある。その音をかすかに聞いたような気がしたので、スマホを探したのだが、見つからない。固定電話で呼びだしてみたのだが、電源が入っていないのかお出になりません、とアナウンスが答える。これはおかしい。電源を切っていないのは記憶していたからだ。あちこち探したが、どこにもない。あせりつつも、よ~く考えて、答が出た。考えられることはトミーズで、バーコードを登録したときだ。あそこに置き忘れたに相違ない。ケーキを作る材料を確かめるためにアルバムをクリックしたのを覚えていたからだ。トミーズに電話する。やはり、そうだった、ただし、店員がそれを東急の管理事務所に預けてしまったのだという。東急の事務所は夜までやっている。さあ、大変、とるものもとりあえず、出かけた。

よかった!!スマホは無事だった。東急の管理事務所はバスロータリーのそばにあって、私の身分証明のマイナンバーカードを見せたのち、渡してもらえた。「トミーズはバーコード入力がややこしくて大変なんですよ、そっちに頭がいきすぎてついつい忘れちゃって」と言い訳すると、事務所のひとが「そういう方多いんですよ」と笑顔で答えてくれて、せわしかった気分がちょっと和んだ。さすが東急、この九月に無事100周年を迎えるだけのことはある、と思った。

帰り、もうクタクタで揚げ物はする気がしなくなって、またプレッセに行き、できたおかずを買う。

結局、春巻きは出来合いのコロッケにかわり、豆腐ドレッシングのための豆腐は味噌汁の実になり、千切り春キャベツにブロッコリーを付け合わせて、夕飯を完成。

 

それにしても、あの空耳できこえた、呼び出しのスマホ音、不思議だ。あれがなければ、夜になってもスマホは引き取れなかっただろう。

神に感謝の祈りをささげた。

2022年5月 8日 (日)

『捨てない生きかた』我が意を得たり

「断捨離」というこの三個の漢字はなにか我が身を急き立てるような強い響きを持つ。今年の誕生日に「1日5分からの断捨離」という本をプレゼントしてもらい、読んでみようと試みるのだが、どうしても引き込まれない。総計500万部を売ったミリオンセラーの著者の優雅な新居の写真満載の手引きは心を打たないのである。

そんなとき、近くのクリニックの待合室の書棚にイチオシの新刊として飾ってあった五木寛之著「捨てない生きかた」のページをめくり、そのおだやかでいてしかも説得力に満ちた文章に吸い寄せられるように魅了され、あっという間に三分の一まで読んでしまった。

 

断捨離を始めようとはしたのだった。先日せめてアルバムから必要な写真だけを選んであとは捨てよう、と決心したのに、いざアルバムをめくりだしたら、一枚も捨てられなかった。少女時代のわたし、母の優しい表情、友人たちの笑顔、あの頃、愛情に守られていた戦後の穏やかな日々の記憶がまざまざとよみがえりだしたからだ。

 

五木氏は語る。「古い本…服や、靴、バッグすべてを手離したとしても生活には支障はなく、…生きていくことにも何の差支えもない…でも…箱三杯分ほどある思い出の写真、これを簡単に捨てることができるだろうか…モノに執着するのは生活の問題ではなく、心の問題、その執着はどこからくるのか、それは生きているからではないのか。私たちが生きている限り、執着は消えない、それが真実…」

そうなのだ、私はアルバムをめくりながら、生きていることを実感できた!

 

なおも続く、これこそという彼の言葉、「人生百年という時代…先に逝く友人知人が増え…孤独という問題が立ちはだかる…孤独を癒す、よすがとなるのがモノに囲まれて暮らすということではないのか…モノに囲まれているということは、じつは記憶と共に生きているということ…自分自身の記憶、自分が生きてきた時間というのは、間違いなくかけがえのない終生の友」大きくうなずきたくなった。

 

この本を書店で求めて、これはという箇所に鉛筆で傍線を引き、二重丸をつけ、著者と同い年の夫の感想を聞きたくて、手渡した。夫は正しく同感したくなることが見事に表現されていて、しかもここは、という箇所に鉛筆の二重丸がついていたことに感動したと言った。

 

近頃、聴力の衰えた彼との会話は言い争いで終わることも多いのだが、この本のおかげで、ひととき、同じ価値観を分かち合い、高齢夫婦のきずなが深められたのだった。

2022年5月 1日 (日)

デイサービスのこと、2

ケアマネさんからの、情報二通がほどなく届いた。我が家から徒歩でも行ける場所だったので、そのうちの一軒に連絡し、さっそく見学。ちょうど昼食どきで、環八通りに面した場所だったが、およそ三十人ぐらいが参加していて、男性が四人食事しているテーブルのそばにいたのだが、まったく会話なし。係のひとはアジア系の外国人も加えた五人ぐらいで、とても行き届いた世話をしていたが、参加者があまりにも多く、団体活動が苦手の夫には、ここはちょっと無理だなという気がした。

聴力は落ちているが、認知能力は十分にあり、足は弱ってはいるものの、家の中では杖なしで、階段の上り下りもできる89歳、彼に最もふさわしいところがまだありそうに思われるのだが、どのように探したらいいのだろう? ケアマネさんに任せただけでは無理なのではないだろうか?

同じ89歳で、認知能力はかなり正常に近いけれども、方向感覚に障害を持っているご主人を介護している世田谷の同級生に電話して訊いてみた。

「ケアマネさんにだけ任せてるんじゃなくて、自分でもさがすのよ、驚くわよ、沢山あるんだから」

「ええ~っつ?」であった。

パソコンで、大田区のデイサービスと検索してみたら、なんと200件以上が出てくる。ところが、写真や、特徴などが書き込まれている紹介はほとんどなく、詳細を知るためには、ケアマネさんに頼むしかない、ということが判明。とりあえず我が家の隣町、に加えて雪が谷、北嶺町までの六軒ぐらいを選び、情報を調べてくれるように依頼した。

結果にびっくり、そのうちで現在経営しているのはわずか一軒のみだったのだ。 ということは、空いている不動産を、そういう目的に使用されることがいかに多いか、しかし、決まった人数が、毎日利用してくれなくては、経営成り立たず、ということではないのかと推量する。

隣の駅から徒歩五分の場所を再び見学する。マンションの一階、十人ぐらいで、男性二人、レクリエーションまで見学したのだが、お手玉が出てきたのには、びっくりした。頭の体操だというクイズも名産品を読みあげて、県の名前を当てたりするもの。男性はいずれも参加していなかった。中のインテリアも、今一つという感じである。

結局、もうそれ以上の検索はあきらめ、夫が最初のところでいいよ、としきりに言うので、とりあえず決定。週一、四回を無事経験した。

夫の感想、よく計画されていて、世話してくれるひとたちも感じがいい。でも同じ姿勢、座ったままでの八時間は疲れる。レクリエーションがちょっとつらい、一人だけ別のことをする、のがむずかしいらしい、と知り、なんとかならないか、と、お節介妻、はまた考えをめぐらし、来週、ケアマネさんとデイサービスのマネージャーが我が家を訪れ、話し合いをすることが決まっている。

 

 

«デイサービスのこと 1.