2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト
無料ブログはココログ

2020年2月26日 (水)

22日の珠玉のピアノトリオ・コンサート

22日の土曜日、久しぶりに銀座に出かけた。この時期、遠出は避けたかったが、ヤマハホールでの『珠玉のピアノトリオ・コンサート』のチケットを買ってあったからである。

午後二時からのコンサートのまえに、買い物をすます。

まず、教文館に直行、教会で必要とする祈りに関する本と、内村鑑三の『出エジプト記』を購入。時間がたっぷりあったので、あれこれ見比べながら、一番ふさわしい本が買えて満足した。

昼食はあまり空腹ではなかったので、木村屋で好きなパンを選び、二階の喫茶部で、ミニサラダとコーヒーを注文、銀座通りを見下ろす窓際の席をとる。思わず、隣の席にいる女性に、空いてますね、と声をかけると、昔の銀座に戻ったみたい、という応答があった。

 

そのあと、銀座シックスで、夕食にする峠の釜めしと、夫へのみやげに彼の好物のアップルパイを買って、ヤマハホールへ。

通り過ぎたブランド店は全く客なし、ヤマハホールでは、まずCDの売り場で、買うべき曲のメモを取り出し、チャイコフスキーの「ロココ風の主題による変奏曲」とグラナドスの「詩的なワルツ集」を探してもらう。

 

ホールはマスクをしたひとがほとんどだったが、さすが超人気のコンサート、ほぼ満席だった。徳永二男、堤剛、練木繁夫、日本を代表する達人の三人、とりわけ練木さんはデビュー当時から、その音の美しさに惹かれて、この数十年間、ずっと注目してきたひと。Photo_20200226104801

期待通り、ハイドンの「ジプシートリオ」の三重奏曲、ピアノ出だしの軽やかな音がとりわけ美しく響く。あとでUtubeのほかの演奏と聞きくらべたら、ほかはこれほどピアノが目立たない。ピアノ三重奏曲とあって、ほかのお二人の配慮があったのではないかと思うほどの効果であった。あとベートーベンの「幽霊」と最後はブラームスの第一番、三重奏曲といっても、それぞれの楽器がメロディーを奏でるところがある。どれかの楽器だけが目立つというのではなく、その楽器をひきたてるほかの二者がごく自然に伴奏の役をしながら、しかもそのテクニックがこの人でなかれば出せないという音色を奏でる、統一感が際立つ、まさに稀なる名演であった。あまりの美しさに、現世の混迷と不安を忘れさせてくれる癒しをいただいた、という満足感に包まれた。

2020年2月20日 (木)

今年のミモザ

Img_2579 昨年のミモザのブログ記事は3月2日だったから、およそ二週間近くも早くミモザが満開になったことになる。

今年は蕾の付き具合がとても早かった。でも植物への目くばりがおろそかになるほど、全日コロナに振り回されていて、事実、このミモザの輝くような黄色がまぶしすぎる。

それでも新鮮なうちに、スワッグをつくっておきたいと、カスミソウを加えて完成させたのが下の写真。でもこれを作ったひとは、二十数年お掃除を手伝ってもらっている、Sさん、彼女は花のアレンジに突出した才能を持っている。

わたしはまだ肩からくる痛みが癒えていない。ちょっとした動きで、腕の中ほどに痛みが起きる。

コロナウイルス騒動のせいだろうか、これほど美しく咲き誇っているミモザを見上げるひとは、昨年よりずっと少ない。

Img_2581

2020年2月18日 (火)

欠落していく記憶

 

 新しく知り合うひとの名前がさっぱり覚えられない。新しい教会には名簿というものがないので、もう入会して六か月近くにもなるのに、記憶は怪しいままである。森田さんのことを、松田さんと言ってしまったり、栗原さんのことを、松原さんと言ってしまったり…樹木に関する名だったということだけは覚えているらしいのだが、それがみんな松になってしまうところがアホである。

新しく出てきた品物の横文字の名称もこんがらがっている。

スカーフの輪になったものがスヌード、リースのかわりに、花束状にしてかざるスワッグが、どちらも「ス」がつくので、まぎらわしい。スヌードをやっとおぼえてすぐ出るようになったのに、今度はスワッグがすぐ出てこなくて、ス、ス、ス…とどもりながら、あとが続かず、へどもどしている。どちらも同時期におぼえたので、区別が怪しくなるのだろう。

俳優の名は顔だけ浮かんでいるのに、出てこない。でもそのひとの出演している作品の名を言えたり、前に出演したときの役名などは言えたりするので、まだましなのかもしれないが、会話する相手がなくなったら、記憶はますます薄らぐのだろう。

 

何が何だか分からなくなっちゃったの、と電話をかけてきた母の、あのときの年齢はいくつだったのだろう?兄とかけつけて、請求書や、重要書類を整理したあのころが迫っているような気がする。

 

わからなくなったことをわかっているのなら、まだマシかもしれない。わからなくなったことをわからなくなったまま、暮らしていたら、本当に大ごとなのである。

一番尊敬していた賢い先輩が、そういう状況になっていると知ったショックから、わたしはいまだにさめずに茫然としている。

 

2020年2月16日 (日)

映画『一粒の麦』とドラマ『重版出来』

教会の受付で映画のチラシを見つけた。 

『一粒の麦』荻野吟子の生涯、日本初の女性、社会運動家として、医師として、女性として、不屈の精神と大いなる愛に導かれたその生涯という紹介文があって、監督は山田火砂子という女性の作品だと知った。若村麻由美、山本耕史主演、助演陣も佐野史郎、賀来千香子など、豪華である。Photo_20200216164401 

ヴァレンタインの日、蒲田のアプリコの午前の部を観にいく。現代ぷろだくしょんという会社の制作で、いわゆる映画館ではなく、日本各地36か所で上映会を催す仕組み。

女性監督、88歳だそうで、杖をつきながら、挨拶にあらわれた。

よどみない紹介と宣伝だったが、若村麻由美が18歳から60歳までを演じ通すので、メイクがひまどり毎回二時間半も、待たされて大変だったという裏話が気になって、映画が始まってからも集中力を削ぐ。

エピソードがありすぎて、場面転換が唐突、急に姿を消す登場人物の説明も別の人物のセリフの中に収めてしまうので、ストーリーの盛り上がりが弱まっていたし、キリスト教徒となった夫妻の夫婦愛や信仰心がうまく描かれていなかった。

そのせいか、盛り上がるべき感動が味わえず、残念。

 

帰宅してから録画してあった『重版出来』をなにげなく見始めたら、やめられなくなるほど面白く、第十話完結まで突っ走って目がドライアイでショボショボしてくる。Photo_20200216164501

主演の黒木華の表情の豊かさに感情移入せざるをえないほどの魅力もさることながら、せりふがコミックワールドを見事に描き出すテンポの良さと、思ったようにうまく運ばない人生の切なさを、それこそコミックの絵の中に表現されているような鮮やかさで、観客の心をわしづかみにしてしまうテクニックにあふれているのだ。

ムロツヨシという俳優はあまり好みではなかったが、万年アシスタントのやるせなさをこれ以上ないくらいうまく演じていて、このドラマだけでファンになってしまった。それほどに俳優陣もこのドラマにはまっている快感が、見ている者をますます楽しくさせてくれる。

 

なんだろう?この二つの作品の差は?

 

いつかダスティン・ホフマンがインタビューで語っていたっけ。

「Detail is the art!!」いかに具体的に語るかで、名作になるかならぬかが決まる、ということなのだろうか?

2020年2月 8日 (土)

広がる憂慮

イタリア旅行情報サイトJITRAからメールが届いた。

イタリアは中国武漢からの帰国者は56名だったが、ウイルス検査では全員陰性だったそうだ。チヴィタヴェッキア港に入港した6000名のクルーズ船では2名が感染を疑われたが、検体検査の結果は陰性とわかって下船が可能となったそうである。現在ではイタリアのあらゆる空港で体温チェックが行われているという。

コロナウイルスによる感染被害はほとんどないとされていても、中国ビジネスの結びつきが深かったイタリア、現在中国からのショッピング顧客はほとんどなく、まもなく開催を待つ見本市の最大の顧客中国人が不在となっては、業界は厳しさをかみしめている、とのこと。

二月にフィレンツェを訪れたときに目にした満開のミモザの黄色を思い、旅行者にとっては、世界の危機的状況を恐れつつも、混雑の少ない時間を過ごせるのではないか、と想像する。

 

パニック小説を数多く読んでいる夫から、すごいぞ、読んでみろよ、と高島哲夫著『首都感染』を渡される。

WHOのメディカル・オフィサーだった感染症の専門医が主人公、中国で開かれているサッカーのワールドカップに世界32か国のファン40万人が詰めかけている中、強力な感染症が発生、アメリカ1000万人、EU2000万人の死者を出し、日本は218名ではあったが、都心部に機動隊と自衛隊を配置して東京の封鎖が始まるという、中ほどまで読み進んだ。

荒唐無稽なパニックとは、とても思えない、現在の日本、『船内疲弊』という朝日新聞の三面大見出しを目にしながら、さぞや、と胸が痛む。

乗り物乗り継ぎの外出を控え、栄養の行き届いた食事を心がけるのが、せめてもの主婦の仕事と、いつもより空白の多くなった二月のカレンダーを眺める。

 

2020年2月 5日 (水)

誕生日、82歳のその日

誕生日の二月四日を、夫はよく覚えていてくれて、カードと、わたしの大好物、田園調布『ローザ』のロールケーキをプレゼントしてくれた。

 

近くに住むR子さんから、お庭の河津桜が満開だから、見に来ない?というお誘い。では、最近オープンした二丁目バス停前のオーガニック野菜サラダ専門カフェ『アネトゥ』でランチをたべてから、お庭を観に行きましょう、ということになる。

 

『アネトゥ』の野菜だけのスープ、豆乳入りのポタージュ、あとビーツのサラダ、ムール貝の冷製、などをシェアしながら、塩気もほとんどない野菜の味だけの澄んだスープに配られた塩とオリーブをかけて食しつつ、野菜って、お肉より、豊かな味わいがあると、感じる。Img_2572 

 

R子さんはその心の優しさがお庭全体の木や草花に伝わっていると、はっきりわかるほど、花々も木々の緑も膨らみかけた蕾や芽吹きの鮮やかさはまばゆい。

老木になった白梅の枝が重くて、木が折れそうになっていたのを、植木屋さんが切ったその枝を、前面の池の中につけておいたら、花が咲いてきたのよ、と彼女うれしそう。

わたしもうれしくなる。

河津桜は優しいピンクで、美しかった。Img_2573 Img_2575

2020年1月30日 (木)

不安の当日

今日はわたしにとって危うい日だった。三年ぶりの胃カメラ受診の日だったのである。

食欲もあるし、胃が痛むというのでもなかったが、十二指腸潰瘍になったことがあって、そのとき経験したひりッとするような痛みがときどきある。それを抑えるのにこの7,8年、ザンタックという薬を愛用していたのだが、これがなにか悪い成分がある、とかで、発売中止となって、仕方なく、ファモチジンという薬に変えた。

 

でもそのザンタックの悪影響がもしや起きているのではないか、と心配なのだ。

それにこの年齢、最初の麻酔薬で一時間以上も寝てしまうとき、もう意識がそのまま覚めず、といこともあるかもしれない。

 

数日まえから憂鬱で、この先のいろいろな誘いの返事を即答しないで迷っていた。

 

今朝も、食事抜きで出かけるので、時間はたっぷりあったが、五時に目覚めてしまい、その時間、「もしものときのために」というノートをひっぱりだして、目を通し、追加を付け加え、そういうときが起きたときに備えた。

 

田園調布中央病院は胃カメラの技術には定評がある。看護師さんもとても慣れた扱いぶりで、親切、「お歳には見えない若さでおきれい…」などとお世辞を言って励ましてくれる。

喉の麻酔の薬を吹き付けられて、飲み込む力が失せ、ひどくせき込む。鼻から息をして、吐いてください、と言われてそうしようとするのだが、うまくいかなかったりする。でもそうしているうちに腕に麻酔の注射を打たれて、いつのまにか、寝てしまい、起きたときは終わっていた。

 

なんだかモウロウとして、もうどうでもいい、何を言われてもいい、と腹がすわっていた。

若い先生はできたばかりの写真を示し、ところどころ小さいポリープがあるけれど、問題じゃない、潰瘍の痛みというのも気のせいじゃないかな、と言われたので、急にうれしさがこみあげてきた。

救いを得た、と思った。

終わってからすぐ夫に電話、夫が大声でよかったなあ~と言った。

興奮のあまり、ファイルを受け付けに出すのを忘れて、さっぱり呼ばれず、三十分近くも遅れてしまった。

 

プレッセでおかずを買い、きょうは料理をさぼることにする。そして久しぶりに娘のところのネコたちに会いにいくことにした。

 

2020年1月27日 (月)

渋谷東急プラザ探検

ブリッジトーナメントを一日したあとは、一人ご飯をすることにしている。

その日はお昼にサンドイッチだったので、夜は和のものにしたかったが、重たいものは食べたくなかった。場所は渋谷、おそばが食べたいと思ったが、渋谷はどこ、という店が思いつかない。

ブリッジクラブの坂を下りたところが東急プラザだったので、どう変わったか、探検してみようと思った。

うっかり乗ってしまった17階までの直通のエレベーター、降りた場所はバルコニーでカフェがあり、ゆったりした造り、眺めもいい。

 

蕎麦店が二軒ある六階まで降りて、京都の茶そばのにしんそばが美味しそうだったので注文した。混んでいたけれど一人客も多い。にしんはフライ状になった茶色で、とてもいい味、そばの分量もちょうどよく、1200円の値段も、京都とあまり変わらない。

満足した。

 

このフロアには「竹之内」というもう一軒があって、ウインドの中の見本はどれもとても美味しそうだった。この次はここを試そう。

 

四階には化粧品店が二軒とても親切に応対してくれたので、口紅を買う。

それとついこの間、わたしのうっかりで、夫と息子のご飯茶碗を二つ共割ってしまったので、このフロアにあった陶器店で手頃な値段のものを購入。

 

ともかく買う気にさせるセンスの良い店がゆったりしたデザインで並んでいる。

プラザのリニューアルは成功したと思う。

 

もっとも紀伊国屋のような書店や地下の食品コーナーがなくなってしまったのは残念だけれど、それもまだ探検しつくしていない、別の高層ビルで見つけるのもまた楽しみとなるだろう。

 

オリンピックの年、渋谷の大リニューアルまで生きていられるだろうか、と思ったりしたが、こうして結構歩きまわっても痛くならない足でいられることを感謝しなければ…

2020年1月24日 (金)

ミス・マープルに夢中

夫がテレビで『鬼平犯科帳』を何度も観ているのを、趣味が相当かたよっている彼にはこれしか観るべきものがないのだろうと憐れんでいた。

でも最近のわたしも、現在放映されているテレビドラマは観る気がしなくて、これで数回目のミス・マープルに見入っているのだ。

もちろんミス・マープルを演じるならこのひと、と原作者のアガサ・クリスティーが絶賛したというジョーン・ヒクソン版である。Img_2553 

観る度ごとに新しい発見がある。ということは忘れかけている記憶の隙間を埋める楽しみにハマっているということだろうか。

そうやって今日観終わったのは、『予告殺人』。

ミス・マープルシリーズの中でも、とびぬけて面白いと思っている『パディントン発4時50分』『復讐の女神』に並ぶ、傑作である。

 

チッピンググレグホーンという小さな村の新聞に、予告殺人の広告が載る。『リトル・パドックス館で殺人が行われます』予告されたその日のその時間に館の女主人レティの友人たち、村人の7人が訪れ、館に同居している若者たち三人とレティの親友が加わって見守るうちに、謎の男が侵入、電気が消えてその男が殺されてしまう。

村の牧師館に滞在中だったミス・マープルが続いて起きる二つの殺人を含めた事件の顛末の謎解きをし、実は大富豪の遺産相続をめぐる大事件であったことを解き明かすのだが、一時間もののドラマが三つも続く、大長編スペクタクルで、見始めたら、目がはなせない。

 

テレビが普及して生活様式が一変する前の最後の良き時代が舞台となる、一見静かで穏やかな村の中に渦巻く人間のうらみや憎しみ、悪意と善意が交叉し、それが恐ろしく、忌まわしい事件の背景となるその経過に、惹き込まれていく、快感ともいえるスリリングな満足感、ジョーン・ヒクソンの人の心の奥を見通すような青い瞳に魅せられつつ、まだ終わらないで、と願いつつ、見終わり、終わるとまた次の事件を待つようになってしまう。

 

「人間は70歳の寿命しか割り当てられていないのよ」というセリフに思う。それを11年も超えてしまって生きている自分、この先、もう少し、まともに終わらせることに専念すべきだ、と思いつつも、神がモーセに召命を与えたときのモーセは80歳だったのだ、80はまだ終わりではないのかもしれない、と、私はまだ、迷いのなかをさまよっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年1月18日 (土)

北鎌倉の林アメリー作品展

  比較的おだやかな天気だった木曜日、北鎌倉の古民家ミュージアムでこの26日まで開催中の林アメリー作品展を観に出かけた。Photo_20200118120201

武蔵小杉で、横須賀線に乗り換え、七つ目、というとすご~く近くなったような気がするが、その横須賀線ホームに到達するまで、歩く、歩く、遠いのである。

東横線を降りて、改札口を出、エスカレーター上がってJRの改札口を抜け、右側の二番ホームに降り立ち、右方向、ホームの端まで歩き、そこからまたエスカレーター、動く歩道二つと、これまで来た道と同じぐらいの距離を、歩き、ようやく横須賀線ホームに到着、夫が、遠いぞ、もう二度と行きたくないくらいだ、などというのも、もっともだと思ってしまうほど、歩いた。

 

何年ぶりの北鎌倉、これぞ鎌倉、という落ち着いた古都の住宅街というたたずまいはちっとも変っていない。

徒歩一分、古民家の中は華やかに飾られていた。

 

林アメリーさんは1933年生まれというから、私より五歳上、かなり高齢だと思うがトークショー何度かこなされたらしい。ディオールやギ・ラロッシュなどのオートクチュールのアトリエで活躍され、70年建築家の林氏と結婚、ご自身のアトリエで創作活動を続けられている。

日本の着物地に魅了され、著書のなかで、すべての布は居場所がある、という言葉がある通り、日本的なデザインの中にも、西洋的感覚のデザインの中にも、洋と和との調和が美しく、格調が高く、センスあふれる展開に魅せられる。Img_2563 Img_2561 Img_2555   Img_2558 Img_2560

展示作品の中でもキルトのフランスの地図、ブランドのラベルをあしらったものなど、に目を見張った。   

作品の中には赤い〇がついていたものが多かったので、受けつけで訊いたら、売約済みの印なのだそうで、大きいキルトなどは30万円くらいだという。その人気がうかがい知れる。

 

さて、お昼は何をたべよう、と久しぶりの北鎌倉を歩く。やはり鎌倉らしい和食、と言えば、『鉢の木』、セットメニューの中で一番安い、半月点心、いつも小食のわたしだから、これで十分。久々に完璧においしい和の味に舌鼓を打った。Img_2564

«歯医者さんデート