2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

2018年7月18日 (水)

難聴経過

突発性難聴は完治した。

けれども発病後一週目の聴力検査の結果は快方に向かってはいるが、念のために、MRIの検査をしておいたほうがいいという診断で、荏原病院の紹介状をもらって、検査をした。三週目で聴力は回復したのだけれど、MRIの報告には、脳には全く異常がないが、内耳の奥に腫瘍が見つかっていた。それを脳神経外科で診断結果を訊くようにと、耳鼻科医師に言われ、きょう、荏原病院に出かけた。
おそらく良性だとは言われていたのだけれど、本当に専門医の口からそれを知らされるまでは不安がつきまとう。

耳鼻科医師が信頼できる担当医の曜日を選んでくれただけあって、その腫瘍なるものがどんなものかを人間の脳内部の模型を指さしながらの説得力ある診断がもらえた。結果は正しく良性ではあるが、大きくなっていくようだと、脳内部に影響を及ぶす危険もあるので、一年に一度くらい検査をしたほうがいい、ということだった。
もしも大きくなった場合、その治療は?という問いにも誠実な解答がもらえた。高齢なので、手術はなし。腫瘍内部の液体をとることが試みられるが、抽出も二泊ぐらいの入院でできて、苦痛も危険もまったくないとのことで、安堵した。

今回耳鼻科で処方された薬は、ビタミン剤や、血液の流れを良くする漢方薬などだったので、聴力に直接作用する療法はなにかないかと思って、ネットを探し、耳たぶやその周囲を軽くマッサージするやり方を覚え、それを実践してきたのは効果があったように思う。
八十になってつくづく思うのは、やはり人間、血液の流れをよくすることが一番大切なのではないか、ということだ。

三週目ぐらいのとき、粉薬がのどにはりついて、息ができなくなって咳き込んでしまうということが起こった。それが恐ろしくなってしばらく、飲み薬をさぼったので、それでも聴力が回復したのは、やはり、マッサージや、クラシック音楽を沢山聴いたことがよかったのではないかと思う。

暗雲が晴れたので、病院からタクシーでプールに行き、三十分、クロールとバックで泳ぎ、身体全体の血流もよくしたので、酷暑があまり気にならず、すっきりした気分で帰宅した。

2018年7月15日 (日)

癒しのチョコレート

シアトルの従姉妹から送られてきたチョコレート二種。
Photo
マカデミアナッツがキャラメルとチョコにくるまれている。しかもキャラメルに塩味が少しついているのが、なんとも心にくいアクセント、お汁粉にちょっと塩を加えると、抜群においしくなる、あれに、似ている。
ワシントン州のKirkland、ベルギーのゴディバより、トリノチョコを好んだけれど、このアメリカ的風味は正に
私好み、疲れたときの癒しの一個である。
Edward_marc

もう一つ、これも気に入ってくれれば、と添えられていた一袋、
百年続いている、Edward Marc, わたしの大好きなココナッツのフレーバーに包まれたアーモンドチョコ、この一粒がまた、たまらない味である。これもまた、ちょっぴり、塩味が効いているような気がする。

この猛暑はチョコレートでのりきるぞ!

2018年7月12日 (木)

ご無事を

西日本豪雨の被害は日を追って深刻さを増し、その映像は胸ふさがる衝撃を与える。

この炎天下に作業に従事する、自衛隊や、ボランティアの方々の疲労はどれほどのものだろう。そこに自分をおいてみて、想像してみても、泥水が乾いてこびりついた、家の中の惨状を元に戻そうとする被災者の方々の労働がどんなに辛く空しい作業であることか、持病をかかえている高齢者には、とても耐えられるものではないことが真に迫って感情移入できる。

あのたけり狂ったような土色の河の奔流と、見る見るうちに川幅が広がる恐ろしさは、忘れられぬ光景だった。

七月十日、参院ではカジノ法案の審議が行われるはずであったが、こんなときにギャンブルを討論するとはなにごとか、という野党の反論が相次ぎ、なかでも、山本太郎氏の質問、抗議は迫力もあり、数字を沢山示して、先の九州豪雨のときと、東北大震災の事例との比較はまことに説得力充分で迫力があった。
水害は二週間が勝負と言われるのに、政府が本腰を入れて対策本部を設定するのにひまがかかり、あまりにも後手後手にまわってしまったのではないか? 七月五日に気象庁が重大災害の予告をして、168700 世帯に避難勧告を出した時点で、その深刻さを悟るべきだったという指摘、現在50万人のボランティアを必要としているのに、その手続きが現地と最寄りの区域の役所をFAXでやりとりする煩雑さが、迅速な運びを妨げており、なんとか簡素化(これは実際に発言された言葉だが、正しくは簡易化ではないかと思う)すべきだとする意見、泥や流木、石などを撤去する自衛隊の車両はあまりにも大きいために、駐車する場所選びもむずかしい、もっとコンパクトなものを購入する予算なども考慮してほしいなど、具体的な提案もなるほどと思わせた。

地元の水道局も被災していて、水道が使えないための、トイレの悩み、洗濯ができない不便、不快など、察するにあまりある困難の続出である。なんとか政府や官庁の積極的なレスキュー案で解決できないものか。

今はただ、被災された方々と現地で復旧作業にあたっている方々のご健康とご無事を心より祈るものである。

2018年7月 8日 (日)

『万引き家族』観

そろそろパルムドール受賞の興奮もおさまったころではないかと、平日のシネコンに
『万引き家族』を観に出かけた。席についたころはちらほらだったが、わたしのような考えの人は多かったらしく、徐々に混み始めて八分くらいの入りとなる。Photo


まるでドキュメンタリーを見ているような前半の一時間、芸達者な出演者たちの演技合戦のようなせりふのやりとり、疑似家族の成り立ちが語られていないもどかしさを抱えながら、万引きのシーンや、風俗のバイトの場面、昼間からの主演二人のうすぎたないようなラブシーンに、日本の恥部がさらけだされているような気もして、うんざりしかけていたら、ある事件から家族がばらばらになってきて、深刻なドラマになり、身をのりだしたくなるような雰囲気に変わった。

あの前半はこの後半を盛り上げるためのものだったとしたら、その効果に、ヤラレタという感じである。

帰宅してからネットのレビューを見まくった。これがパルムドールかとあきれる、とか、演者に頼り過ぎている、とか、金を払って観に来る価値のないものだった、とかの酷評もあったけれど、ohassy というひとの「見えないふりをしてしまいがちの闇をとても見やすい形に作り上げているのは、是枝監督の手腕だ…」という表現に、ご名答だと、思った。

カンヌの女性審査員はこぞって、女優陣をほめたたえた、というのはうなずける。

こんな栄誉を得たのに、政府は賛辞を贈らなかったらしいが、オリンピックだとか、おもてなしだとか、エエカッコしいばかりやってる場合なのだろうか、日本の現実の真実はまだ知られざるかなたにあるような気がする。

2018年7月 1日 (日)

終わっていないひと

この六月で息子が定年退職した。
こんなことに自分が遭遇するとは想像もしていなかったので、つくづく歳をとったものだと実感している。

五年まえ彼の会社が大手から吸収合併されて、おそらく一年しかいられないだろう、と言っていたのが、五年いられたのだから、それだけでもよく勤めていたのだろう。毎朝六時前に出かけて、深夜帰宅という日々だった。その遅い帰宅は必ずしも仕事のためばかりではなく、自分の時間に使っていたのかもしれないのだが、何しろ寡黙なのでよくわからない。三十年間一度も大病したこともなく、本当にお疲れさま、よくやったね、と親ばかかもしれないが褒めてやりたい。

第一園芸でセンスのいい、小ぶりの花束を売っていたので、それにFOR YOUというカードをつけて、夫と寄せ書きをしてデスクの上においた。

きょうは彼の一番大好物のコロッケを久しぶりに作って食べさせた。
この手のかかる惣菜を作れるのも今のうちかも知れないと思いながら、汗をぬぐいつつこしらえたのであった。

結婚という選択はしなかったけれど、妹と仲がよく、姪とはよくメールなどしあっている。孤独ではなさそうだ、というよりは、私に似て、孤独を好むところもありそうである。

再就職は難しいかもしれないが、まだ五十五歳、「終わったひと」ではない。
「終わっていないひと」であることを祈っている。

2018年6月25日 (月)

二つのコンサート

孫娘が入団した交響楽団のコンサートがオペラシティコンサートホールであった。
ピアニストと、トランペット奏者との掛け合いがすばらしいショスタコーヴィチの協奏曲は圧倒的な迫力で、魅了された。
孫娘のトロンボーンの出番があるドヴォルザークの八番、これをコンセルトヘボウで聴いたときの感動がよみがえるほどの実力あふれる音の冴えある演奏だったと思う。管楽器の音があふれる中からトロンボーンの音を聞き分けることができた。演奏終了後、指揮者がトロンボーン奏者を称えて指さしてくれた感動をかかえながら、帰途につく。
いつも夜中に帰宅する息子も聴きに来ていて、タクシーで帰ろう、と言ってくれ、楽をすることができた。その日は右の足首の筋が痛かったので、本当に助かった。


ギル・シャハムを教えてくれたのは、弦の音を聴き分けるとりわけすぐれた耳を持つ友人Y子さんのおかげ。
紀尾井ホールはほぼ満席、前半の現代音楽は、ちょっと耳慣れがむずかしかったが、後半、無伴奏パルティータとフランクのヴァイオリンソナタは全身で聴きほれた。伴奏者江口玲さんとのコンビは円熟の極致、シャハムは今や年齢からしても絶頂期をむかえているのではないかと思える音であった。

わたしの難聴は完治していないけれど、このところ沢山聴いた最高級の音楽のおかげで、少しずつ良くなっているような気がしている。

2018年6月20日 (水)

柚木沙弥郎さんの世界 2.

ともかく、どうしても柚木さんの作品展を、この目で見て、素晴らしさを実感しなければ、と思った。24日まで駒場の日本民芸館で開催されている。

昨日はめずらしく梅雨の晴れ間の日だったので、民芸館なら何度も行ったことがあるから、大丈夫と思ってでかけたのだが、澁谷経由の井の頭線には乗りたくない、一番長く複雑に歩かされるから…と、ちょうど二子玉川行のバスが来ていたので、それに乗って、田園都市線から井の頭線への接続がいいのではないかと期待したのが、大間違い、降りてからも結構歩き、駒場東大前の西口からが、また結構歩き、着いた民芸館は、わたし同様、ウイークデイの梅雨の晴れ間をねらってきた人でいっぱいで、靴を脱いで上がらなければならず、その靴を各自、ビニール袋に入れて持ち歩かなければならないので、いろいろ疲れた。001
002


それでも作品はどれも、目が吸い寄せられるほどの色彩と形の調和美の極致、とりわけ緑と紺色のものが何とも言えないほどの印象を刻み込む。
1976年作の注染雲文着物は忘れられぬ強烈な美しさだ。
そのそばにあった1998年作の型染草文のれんも、対照的な繊細さに満ちた作品だった。Photo


ちょうどお昼すぎだったので、駅そばで食事を、と思ったのだが、このあたりはおよそ入りたいという店はなく、そうかといってまた渋谷に戻る気はしなくなって、かつて何度も通った下北沢に出て、バス、バス接続で戻ることにした。

下北沢でよくランチを食べたイタリアレストランに入ったのだが、味が以前とまったく変わっていてがっかり、駒場の民芸館も、下北沢ももう、もう一度来たい場所ではなくなってしまったことを寂しく感じた。

帰宅してもう一度、録画しておいたあの日曜美術館の映像に浸った。
柚木さんもご立派だが、あの染職人のひとの支えが素晴らしい。六十年以上持続している二人の合作が作品により力を与えている。

柚木さんは芹沢銈介氏と師弟の間柄と知ったが、師より十年近くも長生きして、形と色の染の美を完璧に究める境地にまで達せられたのではないか、そう思った。

2018年6月19日 (火)

柚木沙弥郎さんの世界 1.

ロリポップ(棒つきアメ)をしゃぶりながら、うれしくなくちゃだめだ、と語る95歳の染色工芸作家、柚木沙弥郎さんを特集した日曜美術館を観たとき、わたしは彼の存在感に圧倒された。

染色作品の色といい、デザインといい、配色も形も、全体のバランスも、一度見たら忘れられない、魅力をたたえているが、染色だけにとどまらず、人形作りや、版画も多数の作品がすでにあると知り、ぜひ鑑賞したいものだと思った。
最後のほうで、いま、これが面白くてやめられないと言いながら、糊を塗りたくる作業が映された貼り絵、コラージュは作品としても本当に見事で、これもぜひ、どこかで展示してほしいと願わずにはいられなかった。

形というものはいずれは消え去る宿命だが、そのものが持っている物語、その形の命を感じるかどうかが肝心で、自分の命と形の命とが相互作用で呼応することで、よい作品が生まれるという言葉は忘れがたい。こういう形の命を感じることは家庭生活で家事をしている場合にも、料理の素材や、それを盛り付ける器、縫い物と生地の関係、それらをどこかで見たという形の持つ物語、衣食住すべてに、その観念は存在する。Photo


それを感じ取りながら、家事をすることは、生活への愛着を深めるのではないか、と思った。(続く)

2018年6月15日 (金)

難聴さわぎ 3.

難聴のほうの耳をおさえていい方の耳で聞いた音声と難聴の左耳だけで聴いた音声は明らかに違っていた。それでも電話の受話器はしっかり耳にくっつけて聴いているせいか、あまり聞き落としがなかった。
まずい薬を大量に飲み続けるのはかなり苦痛だった。それもどの程度効き目があるのか、半信半疑なので、余計まずさにうちのめされる。薬でストレスが増しそうだった。

そうしながらも私は敬語授業のテキストの改訂作業に勤しんだ。ございます表現などの追加事項とそれに関する、練習問題、CNNニュースの気になる表現、キャサリン妃の出産、ハリー王子の結婚、そして今回の北朝鮮との合議など最新のニュースの通訳表現の気になる部分、王室の方々への敬語不足や、あらたまった表現の和訳語選びのまずさなどを指摘させるための例題などをかなりの数、追加することになった。
その作業が終わった、服用五日目ごろから、難聴がうすらいでいるのを感じた。

そして七日目、検査結果の折れ線グラフは右左の赤、青二本がかなり接近していて、快方に向かっている、と医師も診たてを述べた。

薬を少しへらしてもいいと言ってもらえたので、あの水薬はやめてもらった。その一錠なしの三錠をまた一週間服用して結果を聞きに行かなければならない。

八十代の友人の今をどれほど知ったことだろう。鼓膜に水がたまったひと、耳の中にヘルペスができたひと、私自身の難聴同様、すべてストレスが原因だという。いつもより疲労を感じるのは自分だけではなかった。

夜寝つきが悪くて、毎日睡眠を深くするために誘眠剤をのむと言ったひとに励まされて、わたしは薬をのむことの拒否反応を少なくしていこうと思う。

2018年6月14日 (木)

難聴さわぎ 2.

難聴が起きた原因はストレスだと思う。このところ、教会の証し、その原稿提出、同窓会新聞の記事の原稿提出、数回のややこしい校正のやりとり、クラス会幹事のパソコン仕事など、疲れる仕事が重なり、ストレス過剰になっていた。
医師も私のケースはめまいもなく、ウイルス性のものでないと判断して、ステロイド使用を積極的にすすめなかったのだと思う。

ネットから、耳の血流をよくする耳たぶマッサージの効果を知ることができたので早速一日に二度試みている。
クラシック音楽治療もあるらしい。悪い方の耳は、むしろ使ったほうがいいらしいので、電話はそちらの耳で聞くのが習性になっているのを、そのままにした。そのときの聞こえ方で、聴力の回復判断もできるからである。

友人に片耳の聴力が弱くなっているひとが多いので、そのひとたちに電話して、こちらの症状を話し、彼女たちの経験を聞かせてもらった。

ひとりは十年以上も聴力が弱っていて、大勢の中で話すときには補聴器をつけることにしているという。スエーデン製のものが性能抜群なのだそうだ。和製ドラマを観ていても、字幕に直すときもあると聞かされ、わたしたち八十代はもうそういうときにきているのだと再認識した。

もうひとりのわたしより数歳年下の彼女、二十代から片方の耳だけ聴力が失せ始めていたのだと言った。わたしが耳鳴りがなかなかとれない、と嘆いたら、「わたしなんか、何十年耳鳴りしてるけど、こうして生きてるんだから、大丈夫よ」と励ましてくれた。

友人たちから、勇気をもらって、まずい薬をがんばって飲み続ける気力がでてきた。

幸いこの一週間なノースケジュールである。月末の敬語講義のテキスト見直しに専念できそうだ。家事の見落としもチェックし、夫と二人の食事メニューを充実させる心の余裕も出てきた。(続く)

«難聴さわぎ 1.